Leica M8

日暈。

L1009287

何かわかんないから以下ウィキを引用:

暈は雲を形成する氷晶プリズムとしてはたらき、太陽や月からの光が氷晶の中を通り抜ける際に屈折されることで発生する。

暈を生じさせる雲は多くの場合、対流圏上層に発生し氷晶からなる巻層雲巻積雲巻雲である。高層雲高積雲乱層雲積乱雲層雲などは、氷晶が含まれていても少ない上に、氷粒に成長していて光の経路が複雑化しているため、暈が見られない。巻層雲、巻積雲、巻雲を形成する氷晶は多くの場合、単純な六角柱状の形をしている。氷晶のそれぞれの面は60度、90度、120度のいずれかの角を成しているため、氷晶は頂角60度、90度、120度のいずれかのプリズムとしてはたらく。

光線が六角柱状の氷晶のある側面から入射し、1つ側面を挟んだ別の側面から出る場合、この2つの面は60度の角を成しているため、氷晶は頂角60度のプリズムとしてはたらく。このとき氷晶の向きがランダムになっていると、屈折された太陽からの光が、太陽を中心とした半径(視半径)約22度の円として見える。実際には、半径22度の円の外側にも明るい部分が見え、外側に行くほど暗くなる。これを内暈(ないうん、うちがさ)または22°ハロという。

光線が六角柱状の氷晶の底面から入射し側面から出る場合、あるいは側面から入射し底面から出る場合には、この2つの面は90度の角を成しているため、氷晶は頂角90度のプリズムとしてはたらく。このとき氷晶の向きがランダムになっていると、屈折された太陽からの光が、太陽を中心とした半径(視半径)約46度の円として見える。これを外暈(がいうん、そとがさ)または46°ハロという。

光線が六角柱状の氷晶のある側面から入射し、隣りの側面から出ようとする場合、氷晶は頂角120度のプリズムとしてはたらく。しかし、この時は出ようとした光線は全反射されてしまうために、この頂角に対応する暈は存在しない。

*しんのすけ補足:地震の兆候って話もあるらしいけど、普通の気象現象であんま関係無いらしい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9A%88

Strapped with Thermocouples,

L1008775

back to LA now.

LAに戻りました。

what’s happening behind that door? its confidential. but i can tell you it was pretty darn impressive having a 1000℃ flames. i’m pretty stoked to be involved in this project.

ドアの後ろで何が行われているか?秘密です。しかしこれだけは言える。1000℃の炎は半端無い。このプロジェクトに多少なりとも参加してる事が自分でもビックリ。

L1008737

but of course i’m not an engineer. give me a break. i rather make a snowman next to the portal-potty.

でも俺はエンジニアではない。勘弁してくれ。ボットン便所の横に雪だるま作ってる方がよっぽど良い。

L1008735

run Jackie, run!!

走れジャッキー、走るんだ!!

L1008749

you look lost there Graham… lol

どうしたグラハム…笑

L1008728

must be warm in the car while we stood outside in the snow.

俺等は雪の中外にいるのに車の中は温かそうだなこの野郎。

L1008733

色々とご苦労様でした。

5時間以上経ったコーヒー(クリーム入り)は気をつけましょう。

L1008736

till next time (in summer time perhaps).

またの時まで(次はどーせなら夏がいいな)。

Leica M8 x Vancouver,

L1008606

 

a pretty hectic way to start 2014 for me. business trips, phone conference 3 times a week or sometimes more, visitors, paper works, reports, budgets and so on. i will need to use my spare time indeed during the trip. morning, afternoon. of course with my little friend, Leica M8.

2014は開始早々かなりドタバタ。出張ばっかで電話会議なんか週もしくはそれ以上、来客あるは書類だレポートだ予算だと。出張中の空き時間ぐらい有意義に使わないとね〜。朝だろうが昼だろうが。ツレのライカM8も連れて。

L1008611

 

this time was during the Chinese New Year month. Pacific Centre (i love how they write it as ‘centre’ instead of ‘center’) next to the Four Seasons  had this big banzai-ing lady statue or whatever you called those in the front lobby  next to the coffee shop on Georgia St. side.

こん時は丁度チャイニーズニューイヤー手前。Four Seasonsホテル隣にあるパシフィックセンター(カナダではcenterをcentreと書く、カッコいい)にはバンザイ気味のデッカいなんつーのか置物?がジョージア通り入入り口ロビーのコーヒー屋さん前に飾ってあった。

L1008622

 

Andre-san.

アンドレさん。

L1008616

 

my view at the Four Seasons 26th floor is foggy as usual… mehh oh well.

Four Seasonsホテル26階の部屋からは相変わらずの霧…しゃーない。

below are some other shots (didnt have much time to shoot).

下は他の写真(あんま撮る時間無かったな〜)。

 

 

成長ぶり。

最近娘二人と嫁さんが日本から帰って来ました。

独身ライフを満喫する暇も無く、出張には飛ばされ家の事やりーのゴロゴロしーの。

あ、上の写真は日本行く前のです。

日本から帰って来た娘二人はどことなく成長していてちょっと感動。心花はお姉さんになって(ぶって?w)、千泉はヤンチャになって(涙。上の子がすごく下の子を気遣うようになった。そんな光景を見ると二人いて良かったなー、と。

今度は家族4人で日本に行きたい。

Arctic Vancouver,

the usual, Vancouver trip. it’s a short flight, less than 3 hours in the sky and your in Canada.

いつもの、バンクーバー出張。中々短いフライト。3時間以内にはカナダに着きます。

and here I am, blessed by a such nice weather (but cold).

そして着いたぜナイスな天気(寒いけど)。

its frozen…

凍ってるし…

must be cold out there…

ぜってー寒いって。

and woke up with a snow. where’s the sun?

そして雪の中起きた。太陽は?

plowing snow.

雪が降る降る。

my converse ain’t rated for the snow!!

俺のコンバースは雪仕様じゃないぞ!!

Trail Walking – Palos Verdes,

L1008185

at last something like an family oriented vacation.

 

やっと家族サービス的なバケーションタイム。

L1008193

L1008202

she has the eyes for an photographer… lol

フォトグラファーとしての鋭い眼光が…笑L1008206

didn’t see any rattle snakes but saw two rabbits.

ガラガラ蛇は見てないけどうさぎが二羽いた。L1008228

still a little short to hold hands with daddy eh?

まだまだパパと手を繋ぐにはちっこいなぁ〜?L1008231

why are you even afraid of that height…

なぜその程度の高さとも言えないとこにビビる…L1008241 L1008267

足をクリッと。

L1008265

ok kids time to go home.

さぁー帰るぞ。

what camera i used? Leica M8 with Voigtlander 12mm Ultra Wide Heliar

why? easy zone focusing one hand operation