Photo

Back to Back,

L1009423

 

June 8th to June 12th@ Canada, June 16th to June 19th @Canada (had to extend to 20th). dude, mind as well station me in Canada, eh? wish I had more time to walk around with the camera in downtown. customer this time spoke not a single english (he was reading out the sensors as P-ichi, P-ni, P-san to the Irish engineer… LOL) thus a loooooong hectic trip. at least he was awesome.

6月8〜12日@カナダ。6月16日から19日@カナダ、だったはずが一日延長で20日帰国。この際カナダに駐在させてくれ。もっとカメラぶら下げてシン散歩したかったな〜。今回の来訪者、微塵の英語も喋れず。まさかのアイリッシュ系のエンジニアにセンサーをPいち、Pに、Pさんと読み上げる始末…笑。ってなわけで長い長い出張でした。お客さんめっちゃ良い人で良かったけど。

L1009443

zone focus failed in the flight. I meant to focus the peaceful guy in the front and not the girl filling out the customs docs…

機内でのゾーンフォーカス失敗。ぐっすり寝てるおじさまを撮ろうと思ってたのにその隣のイミグレ書類を書き上げるチャンねー…

L1009445

L1009437

my recent hyper in Vancouver area is to use public transportation, Skytrain. I love it! commuting via train to work is relaxing for me. especially as I’m taking the millennium expo line (999) getting off King George station on a reverse traffic; rarely anyone on the train by the end. and its cheap.

最近のバンクーバー近辺でのお気に入りは公共のスカイトレイン。いいね!電車通勤とかなんか落ち着くわ〜。特にミレニアムエキスポ線(999、勝手に銀河鉄道って呼んでます)のキングジョージ行きは混んでないし降りる頃にはほぼ誰もいない。そして安い。

L1009438

just zoning out looking at the scene.

景色見ながらボケ〜っと。

L1009434

weather wasnt bad. although a day of rain.

天気は良好。一日雨だったけど。

L1009448

be back again in a week or so.

また一週間ぐらいしたら行きます。

日暈。

L1009287

何かわかんないから以下ウィキを引用:

暈は雲を形成する氷晶プリズムとしてはたらき、太陽や月からの光が氷晶の中を通り抜ける際に屈折されることで発生する。

暈を生じさせる雲は多くの場合、対流圏上層に発生し氷晶からなる巻層雲巻積雲巻雲である。高層雲高積雲乱層雲積乱雲層雲などは、氷晶が含まれていても少ない上に、氷粒に成長していて光の経路が複雑化しているため、暈が見られない。巻層雲、巻積雲、巻雲を形成する氷晶は多くの場合、単純な六角柱状の形をしている。氷晶のそれぞれの面は60度、90度、120度のいずれかの角を成しているため、氷晶は頂角60度、90度、120度のいずれかのプリズムとしてはたらく。

光線が六角柱状の氷晶のある側面から入射し、1つ側面を挟んだ別の側面から出る場合、この2つの面は60度の角を成しているため、氷晶は頂角60度のプリズムとしてはたらく。このとき氷晶の向きがランダムになっていると、屈折された太陽からの光が、太陽を中心とした半径(視半径)約22度の円として見える。実際には、半径22度の円の外側にも明るい部分が見え、外側に行くほど暗くなる。これを内暈(ないうん、うちがさ)または22°ハロという。

光線が六角柱状の氷晶の底面から入射し側面から出る場合、あるいは側面から入射し底面から出る場合には、この2つの面は90度の角を成しているため、氷晶は頂角90度のプリズムとしてはたらく。このとき氷晶の向きがランダムになっていると、屈折された太陽からの光が、太陽を中心とした半径(視半径)約46度の円として見える。これを外暈(がいうん、そとがさ)または46°ハロという。

光線が六角柱状の氷晶のある側面から入射し、隣りの側面から出ようとする場合、氷晶は頂角120度のプリズムとしてはたらく。しかし、この時は出ようとした光線は全反射されてしまうために、この頂角に対応する暈は存在しない。

*しんのすけ補足:地震の兆候って話もあるらしいけど、普通の気象現象であんま関係無いらしい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9A%88

2014 Muscle Milk TWMX Spring Cup,

_GB_7558

had a recent gig of motocross with the famous rider Sayaka Kaneshiro. I was stoked to see her take off the ramp literally 6ft away from me. it was such a pleasure to shoot.

最近モトクロスを撮影する機会がありました。業界では有名な金城さやかちゃん。1mちょっとの距離でランプから飛んでくのを見てるのは圧巻です。良い経験を有り難うございました。

when the bikes were taking off the ramp high in the air, it reminded me of the Masked Rider series where the super hero rides a motorcycle running over the villains. By the way the bikes were sponsored and probably still is sponsored by Honda. Anyways, popped my virginity of shooting a motocross this day. i’ve shot mainly cars (shooting motorsports was my roots to begin photography), running girl (i made her run), and revolving sushi. but not motocross. not knowing the rules and course was pretty difficult for me. i like it. rocks and dirts flying every corners, you get that tension from the rider, and simply they fly.

バイクが飛ぶ時にふと思い出したのが仮面ライダー。ライダーがバイクでショッカーを轢きまくる様を。そういえばあれって、多分今もかもしれないけどホンダがスポンサーしてるらしいねバイク。まぁそんなんは置いといて、この日はモトクロス撮影初体験です。大概は車(元々モータースポーツ撮りたくてカメラ始めた)ばっか撮ってて、走る女の子(俺が走らせた)とか回転寿司。しかしながらモトクロスは初めて。コースもルールもよくわからんくて難しかったけど。楽しかった。石やら砂埃巻き上げてコーナー曲がるし、ライダーさんの緊張感がわかりやすいし、あと飛ぶ。

_GB_7757

here’s a quick gallery. more photos from the event to come soon. still haven’t processed it.

簡単なギャラリーです。イベント自体の写真はまた後で。まだ処理してません。

equipments used was Canon 1D Mark III with 70-200 F2.8L, Canon 7D with 16-40mm F4L for the track and Leica M8 with 28mm Elmarit off-track.

使用した機材はCanonの1D Mark IIIに70-200 F2.8L、7Dに16-40mm F4Lをコースで。コース外はライカM8に28mmエルマリートです。

 

金城さん、さやかちゃん、貴重な体験有り難うございました。

今後とも宜しくお願いします。

Strapped with Thermocouples,

L1008775

back to LA now.

LAに戻りました。

what’s happening behind that door? its confidential. but i can tell you it was pretty darn impressive having a 1000℃ flames. i’m pretty stoked to be involved in this project.

ドアの後ろで何が行われているか?秘密です。しかしこれだけは言える。1000℃の炎は半端無い。このプロジェクトに多少なりとも参加してる事が自分でもビックリ。

L1008737

but of course i’m not an engineer. give me a break. i rather make a snowman next to the portal-potty.

でも俺はエンジニアではない。勘弁してくれ。ボットン便所の横に雪だるま作ってる方がよっぽど良い。

L1008735

run Jackie, run!!

走れジャッキー、走るんだ!!

L1008749

you look lost there Graham… lol

どうしたグラハム…笑

L1008728

must be warm in the car while we stood outside in the snow.

俺等は雪の中外にいるのに車の中は温かそうだなこの野郎。

L1008733

色々とご苦労様でした。

5時間以上経ったコーヒー(クリーム入り)は気をつけましょう。

L1008736

till next time (in summer time perhaps).

またの時まで(次はどーせなら夏がいいな)。

Leica M8 x Vancouver,

L1008606

 

a pretty hectic way to start 2014 for me. business trips, phone conference 3 times a week or sometimes more, visitors, paper works, reports, budgets and so on. i will need to use my spare time indeed during the trip. morning, afternoon. of course with my little friend, Leica M8.

2014は開始早々かなりドタバタ。出張ばっかで電話会議なんか週もしくはそれ以上、来客あるは書類だレポートだ予算だと。出張中の空き時間ぐらい有意義に使わないとね〜。朝だろうが昼だろうが。ツレのライカM8も連れて。

L1008611

 

this time was during the Chinese New Year month. Pacific Centre (i love how they write it as ‘centre’ instead of ‘center’) next to the Four Seasons  had this big banzai-ing lady statue or whatever you called those in the front lobby  next to the coffee shop on Georgia St. side.

こん時は丁度チャイニーズニューイヤー手前。Four Seasonsホテル隣にあるパシフィックセンター(カナダではcenterをcentreと書く、カッコいい)にはバンザイ気味のデッカいなんつーのか置物?がジョージア通り入入り口ロビーのコーヒー屋さん前に飾ってあった。

L1008622

 

Andre-san.

アンドレさん。

L1008616

 

my view at the Four Seasons 26th floor is foggy as usual… mehh oh well.

Four Seasonsホテル26階の部屋からは相変わらずの霧…しゃーない。

below are some other shots (didnt have much time to shoot).

下は他の写真(あんま撮る時間無かったな〜)。