今の車業界って

車が好き。

車が好きです。

今じゃ業界はどんどん縮小する一方。何気に16歳からこの業界でウロウロしてるんだけど、変わりましたねぇ。やっぱあの映画、某ワイルドスピードの影響はアメリカ(カリフォルニアとか)の中で特にデカいでしょ。公道レースとかで、映画の真似しようとして事故ったバカを何人見てきたか。自分の限界を知らないって怖いよねぇ。アクセル踏めばスピードは出るけど止まる事考えないで事故ったのとか。関係ないけど、峠で走った帰り道に居眠り運転っていう大技をかまして崖から落ちて腕の骨折った子も居る。生きてたから爆笑してやったけど死んでたらシャレんななかったよ。

それとD1とかがこっち来てからだよね、警察のシルビア系に対する厳しいこと厳しいこと。某ブレーキメーカーが警察と手を組んで、SR20の図面渡したとかって噂があったけど、アレほんとなのかな?だったらビックリするは某R社。初めてやったアーウィンデールでのドリフトイベント。古口さんとかが来てたねぇ。帰りはなんかインテグラが高速道路のランプから落ちてた(笑。簡単に出来ると思ったんだろうねぇ、ドリフト。ドアンダーで落ちたんだろうさ。やたらと事故が多かったのを覚えてる。すーぐ調子こくからなぁー。

そんなこんなで警察の目が気になるとか(アメリカでも車検制度とか作ればもうちょっとましになるのか?)、車没収とか、車をパクられたり事故って廃車とか色々な悪循環があって、カーボンにしろスチールやらアルミも色々と値段も上がりーの、偽者ばっか増えて更にはこんな景気。どーしたもんかねこの感じ。維持費やら修理費に新しいパーツ代とかコストの高い趣味だよねホント。趣味がいつしか憧れに変わった気がする。こーしたい、あーしたい。でもアレがどーだとか、これがこーだとか。車が「好き」でも「趣味」として捉えてる人が減ったよねかなり。そらー業界も縮小しますって。

それで思い出して欲しいのが車の楽しさ。A点からB点まで行くだけが車じゃないでしょ?例えば女の子がお洒落に気を遣って髪イジってメイクして洋服選んでクツ選んでって。そして外に遊びに行く。車だったらさ、(余裕があればの話だけどw)エアロつけて車高落としてホイール変えてちょっとステッカーとか貼ってみちゃったりして、外に遊びに行くわけじゃん。それが車のお洒落であって、一つの自己表現力だと思う。それかアスリート選手みたいに体鍛えて大会とかに行くみたいに、車だってサスの減衰力を変えてストロークとってデフのイニシャル調整して排気の効率をあげたりして走行会出たりレースで走ったりするわけじゃん。どっちもやりたいワガママ使用なんてのもあるしね。その楽しみが今じゃ出来ない状況なわけで。じゃー残った車の楽しみって何か。

シンプルに見た目と運転でしょ。

フロントからリアにかけてのボディラインから内装の作り。痒い所に手が届く室内の機能性に音響の心地よさ。座った時の車の雰囲気と走ってからの車の雰囲気。拘りを持って楽しめる所はたくさんあるんだからもっと楽しもうじゃない。

自分もずっと車が好きでチューニングが好きで今まで人生歩んできました。車高が低すぎてデートを行かなかったり「車と私どっちが大事なの?!」ってキレられてフラれた事もあり。ノリノリで飛ばしてたらチケット切られて、調子に乗りすぎて車廃車にしちゃったり。走行会に出て別クラスのヤツに後ろからブチ抜かれる恐怖を味わい、車のイベントで展示したりとか。ミッション乗れないからっつって教えたり、皆で集まってチーム作ろうとか。金欠だから車はそんなにイジれてないけど、今だに峠で軽く流す程度で遊び行ったりもしてます。まぁ最近は行けてないんだけどもね(涙。仕事も今は車関係の職に就いてて、カメラの方でもモータースポーツをこれからも撮り続けて行きたい。なんで?テンション上がるから。

こんな楽しい世界なのにどんどん縮小してしまってるのはかなり寂しい所がある。チューニングの業界はこれからも小さくなってくのかな?まぁでもそれはしょうがないよね。世の中エコだエコだっつって自分達の蒔いたタネをどうにか取り繕えるかって必死で。その割には新聞の三面記事は酒井紀子が覚せい剤服用とかさ。別にいいじゃんって思うけど。本当に言う程に危機感を感じてるのかな。まぁまぁ、話を戻すと。資源なんかも限界があって、そのうち電気自動車のレースとか超迫力の無いレースが主流とかになるんだろぅなぁ。つまんねぇーそれw。寝ちゃうよね。

なんか結局何が言いたいのかよくわかんなくなってきちゃったけど(ぇ?笑。

とにかくさ、車を楽しもうじゃない。

不況がなんだっつーの(実際はかなり痛いし困ってるけど)。