F1

Regulation Adjustment,

for F1 2011, the safety lap with the designated speed has been extended to 2 laps to ensure safety precautions upon following the safety car. while the safety car is out, pit exit’s light will remain green. also, machines cannot enter pit lane (unless they were told to) for any reason but to change their tires.

2011のF1はセーフティーカーが入った時のラップ数を2に変更したそうですね。これはセーフティーカーに追いつくまでの安全面の考慮のため。セーフティーカーが出動中はピット出口のライトはグリーンのまま。ピットレーンを走れと言われない限り、タイヤ交換以外の理由でのピットへ入ってはダメ。

what will happen this year? series kicker has been delayed, McLaren’s machine seems to be uncooperative, my favorite driver Kubica is still in the hospital, Pirelli tires etc etc.

今年はどうなるんだろう?開幕戦は無くなったし、マクラーレンのマシーンはダメダメみたいだし、クビカ様はまだ入院してるしピレリのタイヤはエトセトラ。

 

F1 Austin 2012,

 

seems like the date for F1 Austin, Texas is being doubted. oh please lets do this Austin!! if this happens it will be my closest visit to the F1 series!! lol the track construction is scheduled to begin from December though Austin Business Journal says the actual build will begin in 24 months. hurry up!! hahha FIA gave such a loose end to the Korea GP’s circuit construction. and for Abu Dhabi. why not US?

F1オースティン・テキサス戦は間に合わないかもらしい。頼むよオースティン!!これが決まれば今住んでる所から一番近いF1の開催場なんだから!!笑。サーキットの建設は12月から始まる予定らしいけど、Austin Business Journal誌の記事によると24ヶ月後らしい。早よせぇーや!!www。FIAだって韓国とかアブ・ダビにかなり緩くしてたんだからUSダメになるとかマジ勘弁。

BRIDGESTONE Retrieves from F1, 2010 Fall

just read the news of BRIDGESTONE retrieving from F1 once the Fall 2010 series ends. 

今さっきBRIDGESTONEが2010年の秋のシリーズを最後にF1から撤退するニュース読みました。

now F1 has to search for another tire sponsor.

これでF1もまた新しいスポンサー探さないといけなくなりましたねぇ。

BRIDGESTONE started supplying tires to teams back in 1970. from 97 started to distribute tires in and out of the states. in 2008, they have made a exclusive contract to distribute their tires to all teams for 3 years. they have supplied around 40,000 tires within the 2009 series.

1970年代に日本で行われたF1でタイヤの供給を始めて、97年には国内外に供給を始めた。そして08年からの3年間は全チームにタイヤを独占的に供給する契約を結んでました。2009年のシリーズでは約4万本ものタイヤを供給したらしいです。

so, will it be back to Michelin? or maybe the Korean tires?

って事は、ミシュランに戻るのかな?それか韓国メーカーか?

hmmm….

んんん…

 

 

 

 

 

Aerodynamics, the Science of

many people thinks that aero kits (body kits) and gt wings are just for looks. i’ve seen a lot of lame ones with a inlet, and there is no outlet on the other side. wtf mang where will all those extra flow of the air be going??  and those Z3 fenders. there is a meaning for the Z3 to have the outlets on the fender at that particular position. not just for looks. will that air thats been taken in be cooling down your side markers or something? i hate those Z3 style fender kits. piece of crap. and those random body kits just for looks. not to mention who, but those guys should study more from the F1 scenes instead of doing R&D as in Research and Duplicate. found a great website for them to study.

http://www.f1complete.com/content/view/2245/389/ 

great page of the aerodynamics upon the F1 cars.

結構色んな人がエアロ(ボディー・キット)とかGTウィングの事で勘違いしてるのが多いですね。良く無駄なイン側のダクトついてる車見ますね。しかも、アウトレット側が無い。オバカじゃねぇーの?その無駄な空気抵抗はどうするのよ?それとか、一時期流行ってたZ3風のダクト付きフェンダー。アレは意味があってあの場所についてるわけであって。見た目では無いよ。何なに?そのダクト使ってサイドマーカーでも冷やすんでしょうか?アレ、嫌い。ウンコやで。それとかあの適当なエアロキット。誰とは言わないけど、奴等はもっとF1からのフィードバックを使った方がイイね。開発の期間をパチもん作って似せる時間に費やしてるんだったら次のウェブサイトをちゃんと読んで勉強して欲しいは。

http://www.f1complete.com/content/view/2245/389/ 

heres one thats been written in Japanese.

全部英語なんですけどね…汗。日本語で書いてあるのも発見ですので、連載します。

http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/50870382.html 

heres a pic i found of the wind tunnel testing.

風洞実験の写真を発見です。

even skiers test at the wind tunnel!!

スキー選手も風洞実験するんです!!

KERS

what is KERS?? not a familiar phrase for the world. or at least for me at this point. KERS is one of the newest mechanism for F1 machines testing be ready for the 2009 series. KERS stands for Kinetic Energy Recovery System.  sounds hella physics to me… hahha. i should have took the physics class instead of psychology back in high school. well any ways. KERS.

KERSって何?こんな単語皆さんも初耳でしょう。まぁ、少なくとも自分は初耳ッス。KERSとはF1の最新機構だそうです。投入は2009年のシリーズから。KERSの略はKinetic Energy Recovery System。日本語だとなんて言うんだろう?運動エネルギーリサイクル機構か?笑。なんだかめっちゃ物理学的な響きだ…笑。こんなことなら高校で心理学じゃなくて物理の授業行っておけばよかったかな。まぁ、とりあえず。KERS。

*courtesy of  XTRAC (http://www.xtrac.com/)

 

here are the current regulations for KERS.

下の詳細はKERSの現時点でのレギュレーションだそうです。

 

-collecting energy during brake movement to save, and add to the impellement force.

-the maximum force added onto the system is 60kw (around 80hp)

-for each lap, releasing energy is limited to 400kj. if released by 60w, it equals to 6.667 sec.)

-when releasing energy, vehicle speed must be over 100km (about 60miles)

-driver must adjust the releasing timing via manual operation.

-all energy must be collected from rear axle only.

-all energy must be collected whie the vehicle is moving.

-collecting/releasing energy can be controlled mechanichally or electrically.

-using the existing brake system and gear box.

-install the regulated sensor and ecu data accesibility.

-installing KERS is not obligated.

 

-ブレーキング時にエネルギーを回収、蓄積する。そして推進力に変換する。

-システムに入出力する最大値は60kw(約80馬力程)

-1ラップあたり放出可能な最大量は400キロジュール。(最大の60Wで6.667秒分。)

-エネルギーの放出は車速が100km(60マイル)以上の時にのみ、可。

-エネルギー放出はドライバーが手動によって行わなければならない。

-エネルギー回収はリア・アクセルからのみ回収可能。

-エネルギーの回収は車輌が走行中のみ回収可能。

エネルギーの保存、放出は機械式、または電気式のどちらでも可能。

-既在のブレーキシステム、ギアボックスを採用する事。

-規定のセンサーを装備し、ECUでのデータ検証を可能にする事。

-KERSの採用は義務ではない。

Ross Brown from HONDA says “from their simulation, by applying KERS can give us around 0.3seconds only upon the lap time of the machine.the number is not dramatic, but the merit is the usage during the over-take during the race. ” 

ホンダのロス・ブラウンによれば「シュミレーション上ラップタイムの向上はコンマ3秒程だろう。数字的には決して劇的なモノではないが、オーバーテイクの際に使用出来ると言うのが何よりのメリットだろう。」

so what is KERS? Kinetic Energy Recovery System. its like Final Fantasy’s limit break. when the gauge fills to the max, you can now use the special ability of the character for more damages to the enemy. by attacking or being damaged, their gauge fills up. the only difference with the limit break and KERS, is that KERS collects kinetic energy during braking of the vehicle. this idea was brought up by the head of FIA. this mechanism KERS has been around in the automobile market. yes the hybrid mechanism. charing electricity from the thermal energy. or was is it the kinetic energy? well, some of the energy from their. hahha. sorry.

さて、KERSとは何か?運動エネルギーの再利用機構。ようはアレだ。フィアナル・ファンタジー(以下FF)のシリーズであったリミット・ブレイク。リミット・ブレイクはゲージが溜まれば超必殺技的なモノが出せて威力の高い攻撃を繰り出せる。FFでは攻撃を行ったり受けたりしてリミットゲージが溜まる。KERSは加速時にはエネルギーを蓄積出来ないが、減速時にのみ運動エネルギーの回収が可能だそうです。このKARSの発案はFIAの会長によって発案されたそうです。実はこのKERS、以前からありますね。この機構の働き方。そうです。ハイブリッド系の車輌と同じ方式で運動エネルギーを蓄えているんですね。ハイブリッドって確かブレーキング時に摩擦力で充電されるんでしたっけ?あれ?ディスクの熱?ん~…ゴメンなさいよく覚えてない(笑)いや、むしろあんま詳しく知らない(汗。ゴメンなさい。

i think KERS will be a lot more than welcome to the automobile industry. instead of wasintg the energy from the vehicle, KERS recycles the enrgy for a little more power. doesnt that sound like ecology? lately FIA is planning how the automobile industry can build a image of ecology. KERS can be the first step.

KERSの採用は自動車業界にとってもプラスになるんじゃないでしょうか?だって捨ててるエネルギーを再利用してるんですからね。エコな響きじゃない?最近はFIAの方もどうやったらこの車業界にエコのイメージを繋ぎ止めれるか検討中みたいだし。KERSは最高の第一歩になるんじゃないかな?どうなるか楽しみです。